講座概要

本講座のテーマは、「自己重要感」です。「人目を気にし過ぎる」「自信の無さ」「強い劣等感」「すぐに落ち込む」等の悩みを克服し、“ありのままの自分”を受け入れて「自己重要感」を高めるためのシンプルで効果的な基本のビリーフチェンジのセッションのやり方を、みんなで一緒に楽しく学びます。ビリーフチェンジを自分一人でやる方法(セルフセラピー)についても学びます。

対象者

自己重要感を高めて自分に自信を持ちたい人、劣等感をなくしたい人、落ち込みグセを直したい人、自分を好きになりたい人、“ありのままの自分”を受け入れたい人、“生きづらさ”から解放されたい人、人目を気にせず、もっと自分らしく、もっと楽に、もっと自然に生きていきたい人、感情のコントロール方法について知りたい人、ビリーフチェンジを人にやってあげたい人、ビリーフチェンジを自分一人でやる方法を知りたい人等におすすめの講座です。

※ 講座の参加に際し、事前に心理学やセラピー、カウンセリング、コーチング等に関する知識や経験は一切必要ありません。

開催場所/日程 お申し込み
大阪 / 2017年7月22日(土)・23日(日) 申し込む
福岡 / 2017年8月5日(土)・6日(日) 申し込む
東京 / 2017年11月3日(金)・4(土) 申し込む
seminar-photos_3 2

ビリーフとは何か?

  • 一流大学を出て一流企業に就職することが成功への近道だ
  • 嫌なことでも我慢してするのが仕事だ
  • 男は人前で涙を見せてはいけない
  • 女は仕事よりも家庭を優先するべきだ
  • 子どもは親の言うことに従うべきだ
  • 欲しいものを素直に「欲しい」と言ってはいけない
  • 人からの頼みを断ってはいけない
  • 人前では笑顔でいなければならない
  • 人前で決して怒ってはならない
  • 人前で緊張してはならない
  • 私は全員から認められなければならない

……など。

こうした人が意識的、無意識的に「正しいと信じていること」を、ビリーフ(信念、思い込み、固定観念)と言います。

ビリーフが主張する内容は、当人が体験するさまざまな出来事を主観的に解釈したものであり、事実と一致することもあるし、そうでないこともあります。

なぜなら、ビリーフは「思い込み」に過ぎないからです。

ビリーフはこうして作られる

私たち人間は、自分が信じているビリーフに都合がいいように事実を解釈します。

もしも、ビリーフと事実とが相容れない場合には、事実を歪曲(わいきょく)して解釈します。

たとえば、自分のことを

「私は価値のない人間だ」

と信じている人について考えてみると、

もし、この人がある大きな目標の達成に向けて望ましい結果を出し始めたときに、何が起こるでしょうか?

素直に自分の成功を喜ぶことができるでしょうか?

いいえ、そうはなりません。

自分のことを「私は価値のない人間だ」と信じているので、たとえ良い結果が出始めても、「これは単なる偶然だ」と考えてしまうかもしれません。

他人から「すごいですね」とほめられても、「いや、そんなことはないです」「これは偶然うまく行っただけです」と、成功し始めた自分を自分から否定してしまうといったことが起こります。

こうして、自分の信じている「私は価値のない人間だ」というビリーフに一致する現実を作り出してしまうのです。

重要なビリーフの多くは、私たちが十分な理解力や選択力を持たない子どものときに、親や先生、社会規範、メディア等から身に付けたものです。

では、どのようなときにビリーフが作られやすいのかというと、それは、「強い感情をともなう出来事を経験したとき」です。

「とてもうれしい」「とても楽しい」「とても怖い」「とても悲しい」といったように、強い感情をともなう出来事を経験したとき、人はその経験を通してさまざまな「結論」を導き出します。

そうした「結論」を不変の真理として心の中に深く埋め込んで、無意識化してしまったものがビリーフになるのです。

強い感情をともなう出来事のなかでも、もしポジティブな感情を経験したのであれば「繰り返し経験したい」、もしネガティブな感情であれば「二度と経験したくない」と、あなたの心(無意識)は感じます。

その結果、あなたの心(無意識)は「ポジティブな感情を追求して、ネガティブな感情を回避するために必要な生き方のルール」を導き出します。

それがビリーフの正体です。

「ビリーフのルールに従って人生を正しく生きれば、快楽(ポジティブな感情)が手に入り、苦痛(ネガティブな感情)を回避することができる」、そのようにあなたの心(無意識)は信じているのです。

「もし~でなければ、私は重要ではない」というビリーフ

もしあなたがビリーフから逸脱した行動をしようとすると、「恐れ」や「不安」といったネガティブな感情を感じて、ビリーフが命令する正しい生き方へと引き戻されます。

本講座のテーマである「自己重要感」に関するビリーフは、一般的に、

「もし~でなければ、私は重要ではない」

という形を取ります。

後半部分の「私は重要ではない」というフレーズは、状況に応じて

「私は価値がない」

「私は十分ではない」

「私はダメ」

「私は受け入れてもらえない」

「私は愛されない」

といったように、さまざまに形を変えます。

「私は重要ではない」というメッセージは、その人の人格や人間としての価値を否定するものです。

私たちは、自分の人格や人間としての価値を否定されることに対して非常に大きな恐れを感じます。

ですから、「もし~でなければ、私は重要ではない」というビリーフを心の中に持っていると、些細な失敗や間違いに対しても非常に大きな恐れを感じて、落ち込んでしまったり、緊張してしまったりするのです。

また、「自分という人間には価値がない」と(心のどこかで)思っていると、ビジネス、スポーツ、人間関係、恋愛・結婚などにおいて、夢や目標を実現したり、欲しいものを手に入れたり、大きな決断をするのに困難を極めます。

ビリーフの影響

では、悩みの症状とその原因となる自己重要感のビリーフの組み合わせについて、具体例をいくつか見てみましょう。

悩みの症状 原因となるビリーフ
例 (1) ちょっとうまくいかないことがあると、すぐに「私はダメ」と思ってしまう 私は常に完璧でなければならない。もし完璧でなければ、私は重要ではない
例 (2) 常に人からの評価を気にして、自分を実際以上に良く見せようとしてしまう 私は人から認められなければならない。もし人から認められなければ、私は重要ではない
例 (3) 失敗や間違いが怖くて、やりたいことへの挑戦や大きな決断ができない 私は常に正しくなければならない。もし失敗(間違い、ミス)をしたら、私は重要ではない
例 (4) いつも他人と自分とを比較して、過剰に勝ち負けにこだわってしまう 私は常に人に勝たなければならない。もし人に負けたら、私は重要ではない
例 (5) 人前でのスピーチや、異性との会話など、苦手な場面や状況で緊張してしまう 私はすべての人たちを常に満足させなければならない。もし相手を満足させることができなければ、私は重要ではない
例 (6) 常に人から必要とされていないと不安を感じる 私は常に人の役に立たなければならない。もし人の役に立てなければ、私は重要ではない
例 (7) 自分が欲しいものや自分の意見を、素直に人に言えない 私の欲求や私の考えは重要ではない

 

この世に完璧な人間は存在しません。

誰だって、ときには失敗や間違いを犯したり、相手の期待に応えられなかったりすることは避けようがありません。

そこで、たいていの人は、「できるだけ失敗や間違いをしないように気をつけよう」「相手の期待に応えられるように、前もって準備をしよう」と考えて、現実的な範囲で努力をします。

ところが、「もし~でなければ、私は重要ではない」というビリーフを心の中に持っていると、そうした現実的な思考ができなくなります。

なぜなら、もし失敗や間違いを犯したり、相手を喜ばせることができなかったら、「私は重要ではない」と、自己否定につながってしまうからです。

自己否定をすることは、「私の存在には価値がない」と、自分自身で認めるようなものです。

これは人間にとって大変な恐怖をともないます。

ですから、心の中に「もし~でなければ、私は重要ではない」というビリーフを持っている人は、ちょっとしたことにも心が大きく動揺して、深く落ち込んでしまったり、ひどく緊張してしまったりするのです。

ビリーフは自分で決めたもの

「もし~でなければ、私は重要ではない」というビリーフを心の中に取り込んでしまった理由は、人によってさまざまです。

  • 「いい子」にしているときだけ、親が愛情を注いでくれたから
  • 兄弟や姉妹、近所の友だちと、いつも比較されたから
  • 一人だけみんなと違うことをしたら、クラスで仲間はずれにされたから
  • クラスで自分一人だけができなくて、いつもツライ思いをしていたから
  • 親に可愛がってもらえなかったから
  • 親や学校の先生からほめてもらえなかったから
  • 親や学校の先生から「お前はダメだ」と言われていたから
  • 親や学校の先生から「絶対に~ねばならない」と強く言い聞かされてたから
  • 親や学校の先生からひどい暴力を受ける等、自分の存在を否定されるような扱いを受けたから

しかし、すべての場合に共通しているのは、「ビリーフを心の中に取り込むと決めたのは、すべて自分自身である」という事実です。

あなたが過去に、「もし~でないときは、私は重要ではないと感じることにしよう」と、すべて自分で決めたことなのです。

ビリーフは書きかえられる

子どもはまだ十分な判断力や広い視野を持ち合わせないために、自分が経験したことを誤って解釈してしまうことが多いのも事実です。

ビリーフの多くは、あなたがまだ子どもで、十分な理解力や選択力がない頃に心の中に取り込んだものです。

そのため、子どもの頃に取り込んだビリーフの中には、成長して大人になった現在のあなたの目から見ると時代遅れだったり、大人のあなたには必要のないものだったり、そもそも最初からおかしなものも数多くあります。

たとえば、あなたがすべての人を喜ばせることができなかったり、すべての人から認めてもらえないからといって、あなたの人間としての価値には何の影響もありません。

人はすべて、生まれながらにして重要で、価値ある存在です。

しかし、「もし人を喜ばせられなければ、私は重要ではない」「もし人から認められなければ、私は重要ではない」と信じている人は、たとえ頭ではおかしいとわかっていても、ビリーフの命令に沿った生き方ができないときには、心と身体が自動的に反応して恐怖感や緊張感を感じてしまうのです。

大切なのでもう一度繰り返します。

ビリーフを心の中に取り込むと決めたのは、すべて自分自身です。

自分で取り込んだビリーフですから、自分で古いビリーフを書き換えて、新しいビリーフへと修正することが可能です。

すでに起こってしまった過去の事実を変えることはできません。

しかし、過去の出来事をどのように解釈して、そこからどのようなビリーフを導き出すかは、後からいつでもやり直すことが可能なのです。

一般社団法人 日本プロセラピスト養成協会

代表理事 棚田克彦

講義室イメージ

講座概要

本講座のテーマは、「自己重要感」です。

「自己重要感」に関するビリーフは、一般的に、「もし~でなければ、私は重要ではない」という形を取ります。

「私は重要ではない」というメッセージは、その人の人格や人間としての価値を否定するものです。

私たちは、自分の人格や人間としての価値を否定されることに対して非常に大きな恐れを感じます。

ですから、「もし~でなければ、私は重要ではない」という自己重要感に関するビリーフを心の中に持っていると、些細な失敗や間違いに対しても非常に大きな恐れを感じて、落ち込んでしまったり、緊張してしやすくなります。

また、「自分という人間には価値がない」と(心のどこかで)思っていると、ビジネス、スポーツ、人間関係、恋愛・結婚などにおいて、夢や目標を実現したり、欲しいものを手に入れたり、大きな決断をするのに困難を極めます。

本講座では、「自信が無い」「劣等感」「落ち込みグセ」等の悩みを克服し、“ありのままの自分”を受け入れて「自己重要感」を高めるためのシンプルで効果的な基本のビリーフチェンジのやり方を、みんなで一緒に楽しく学びます。

ビリーフチェンジを自分一人でやる方法(セルフセラピー)についても学びます。

講座対象者

こんな人におすすめです。

  • 自己重要感を高めて自分に自信を持ちたい人
  • 劣等感をなくしたい人
  • 落ち込みグセを直したい人
  • 自分を好きになりたい人
  • “ありのままの自分”を受け入れたい人
  • “生きづらさ”から解放されたい人
  • 人目を気にせず、もっと自分らしく、もっと楽に、もっと自然に生きていきたい人
  • 感情のコントロール方法について知りたい人
  • ビリーフチェンジを人にやってあげたい人
  • ビリーフチェンジを自分一人でやる方法を知りたい人

開催概要

開催日時 2日間の講座です。各回とも同じ内容です。
  • 【大阪】2017年7月22日(土)・23日(日)
  • 【福岡】2017年8月5日(土)・6日(日)
  • 【東京】2017年11月3日(金)・4(土)

※ 第1日目の終了後に懇親会を開催します(参加費5,000円)
※ 当日の質疑応答の状況により、終了時間を1時間程度延長する可能性がございます。予めご了承ください。
受講料 32,400円(税込み)
特典 本講座に参加すると、(社)日本プロセラピスト養成協会が提供する各種公開講座の受講料が割引になります。
開催場所 【東京会場】 東京都内
【大阪会場】 大阪市内
【福岡会場】 福岡市内
spacer
※ お申し込み後、会場の詳細をご連絡差し上げます。
講師 一般社団法人日本プロセラピスト養成協会の認定講師・認定心理セラピストが担当します。詳細は各日程のお申し込みページにてご確認ください。
主催 一般社団法人日本プロセラピスト養成協会
お支払い方法 銀行振込かクレジットカードのいずれかをご選択いただけます。
お申し込みフォームにてご選択ください。
キャンセル規定 セミナー開催日の21日前まで・・・・・全額返金
セミナー開催日の14日前まで・・・・・半額返金
セミナー開催日13日前以降のキャンセルはご返金できかねますので予めご了承下さい。

ビリーフチェンジ・短期集中講座お申し込み

開催場所/日程 お申し込み
大阪 / 2017年7月22日(土)・23日(日) 申し込む
福岡 / 2017年8月5日(土)・6日(日) 申し込む
東京 / 2017年11月3日(金)・4(土) 申し込む
Tg2
Tg4
Tg1
Tg6
Tg3
Tg7
Tg8
IMG_1372
Tg5
Tg10
Tg11
Tg12
Tg2
Tg4
Tg1
Tg6
Tg3
Tg7
Tg8
IMG_1372
Tg5
Tg10
Tg11
Tg12
Tg2
Tg4
Tg1
Tg6
Tg3
Tg8
IMG_1372
Tg11

【体験談】ビリーフチェンジ・短期集中講座

  • 女性
どの感情も必要であり、存在していいものだとわかりました。感情には偽物と本物があることを初めて知り、ずっと心にあったモヤモヤの正体がわかりました。一日が終わり、視界がクリアになったことが明らかでした。家で夕ごはんを食べた時、味覚が敏感で、いつもより美味しかったです。棚田先生の柔らかい口調の中にびしさも感じ、わからないことはわからないと正直にお話をする姿勢がとても良かったです。
  • 女性
大人になって仕事をするようになってからの問題だと思っていたことが、実は幼少期にルーツがあったたことに気づいて意外だった。棚田先生のオープンカウンセリングは迫力があって圧巻だった。もっと見たいと思った。親切で温かい雰囲気でよく声をかけていただいて安心できました。ありがとうございました。
  • 男性
自己重要感を高めるためには、感情の消化が有効だと教わったので、実践していきたいです。早く自分を救いたいです。それができたら他の人たちを救えるようになりたいです。ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。
  • 男性
感情には偽物と本物があるということを説明されたが、最後に父親役をやったときに、それをすごく実感した。詳しい解説と具体的なワークで、分かりやすかった。自分一人でもできると確信した。ありがとうございます。
  • 男性
自己重要感について深く掘り下げることができてよかった。実際にワークをやってみてよかった。
  • 女性
ビリーフチェンジのエッセンスを体内に取り込んだ感じです。参加する前よりも自己重要感が高まりましたので、今回の目的は達成しました。ありがとうございました。
  • 男性
自分を大事にしないと周りから大事にしてもらえないことがわかりました。
  • 女性
自己重要感が低いと、どんなことで悩んだり、どんな人になるのかがわかったこと、自分でセラピーをやる方法が学べたことが良かったです。
  • 女性
自己重要感の低さから来る人生の不具合がよくわかった。
  • 女性
今まで感情に結構向き合ってきていると思っていました。しかし、シートに記入していく作業を通して、まともに向き合えていない自分がいることがわかりました。
  • 女性
今まで悩みが解決しないのは、自分の努力が足りないからだと思っていました。実際にビリーフチェンジを体験したことで、それは間違いだと気がつきました。棚田先生の「人は変われる」と言う言葉とクライアントの体験談が一番心に残りました。具体例を挙げてくださったので、イメージしやすく分かりやすかったです。ありがとうございました。
  • 男性
今までは力ずくで継続しないと人間の性格は変わらないものだと思っていましたが、ビリーフを変えることで人は変われるんだということが分かってそれだけでも楽になりました。地元福岡で参加できてよかったです。これから諦めずに生きていきたいと強く思いました。
  • 女性
先生のお話がすべて分かりやすかった。今まで色々な本を読みあさっていましたが、感情処理のない心理療法が多く、感情の重要性が一番知りたかったので、勉強になりました。
  • 女性
資料がとても分かりやすくてすっと頭に入ってきたので、かなり理解できました。説明も流れもとてもよくわかりました。
  • 男性
ビリーフは、自分の決断によってできたのだと言う事が学びになりました。自己責任を明確にしておくことが必要だと感じました。セルフで自己重要感を高める手法が学べた、が良かったです。とても有意義で価値ある二日間でした。ありがとうございました。
  • 女性
ビリーフチェンジが自分でできるとわかって希望が持てました。ビリーフを作ったのは自分だと言う自覚を持って、しっかりと取り組みたいと思います。
  • 男性
自己重要感を高め子供の頃の自分を自分で癒せる方法を身につけられたことが良かったです。ビリーフに対する働きかけが人生全体をよくする可能性を実感できました。ビリーフを扱うことで、多くの人の人生が良い方向に変化していく可能性を強く感じました。引き続き学ばせていただきます。ありがとうございました。
  • 男性
段階的に理解できるよう構成されており、ひとりでも繰り返しできるところがよかった。
  • 女性
カウンセリングのときはもちろん、先生が説明をされているときも泣きそうになりました。自分が悲しみをずっと持ち続けていることがわかりました。教えていただいたセルフセラピーを家でも続けたいと思います。ありがとうございました。
  • 女性
ビリーフが人生脚本を作り、その台本通りに自分が人生を進めていくという仕組みを知り、納得しました。自分の望む台本に書いて行きたいです。これからの自分の変化を楽しみにしています。盛りだくさんの内容でしたが、一つ一つわかりやすく、あっという間の二日間でした。
  • 男性
目からウロコだらけの二日間でした。先生の話がすっと入ってきました。ありがとうございました。また先生にお会いしたいです。
  • 女性
ビリーフの書き換えのワークが良かったです。用紙に記入した時よりも部屋でワークをしてみると、悲しい感情が明確で、涙がたくさん出ました。子供の私に優しい言葉をかけることができて、なんだか体から力が抜け軽くなった感じがします。本当にありがとうございました。部屋ワークでペアになった方にも感謝、感謝です。
  • 女性
本当に深い気づきと学びをありがとうございました。これからもビリーフチェンジを楽しみにしています。
  • 女性
クライアントが自分のように思えて泣いてしまいました。違う角度から自分自身を見られて本当に良かったです。体の感覚に目を向けることの大切さがわかってよかったです。
  • 女性
静かにゆっくりと自分の内面を感じる時間が取れて、とても良かったです。先生のあり方が、本当に素晴らしく尊敬いたします。
  • 女性
とても分かりやすくてよかったです。すごく内容が充実していて、受講して本当に良かったです。
  • 女性
本物の感情を味わうワークやビリーフの書き換え行うワークが大変参考になりました。自分を縛っていたものから解放されたような心地よい気分です。今日学んだことを実践して楽になっていきたいと思います。ありがとうございました。

ビリーフチェンジ・短期集中講座お申し込み

開催場所/日程 お申し込み
大阪 / 2017年7月22日(土)・23日(日) 申し込む
福岡 / 2017年8月5日(土)・6日(日) 申し込む
東京 / 2017年11月3日(金)・4(土) 申し込む